コンピュータの利用と知的財産

コンピュータやインターネットを利用する上で,ソフトウエアの不正コピーやコンピュータウィルスによるパソコン感染等は大きな問題となっています。

ソフトウェアは著作権で守られています。他者の権利を侵害しないためにも,正しい著作権知識を身につけ,利用許諾契約(EULA)を遵守し適正に利用しましょう。

研究内容等の自己の知的財産を守ることも大事です。ウイルス対策・パスワードの管理にも留意してください。

学内向けに説明資料を作成しましたので,一読の上,ソフトウェア及びパソコンの適切な管理を行ってください。(学内アクセスのみ)

知的財産を守るために知っておきたい著作権知識とコンピュータやネットワークに潜む危険性
(PDFファイル:1.38MB)


Piracy of software and computer viruses are still serious problems using computers and the Internet.

Softwares are protected by copyright. Know correct knowledge about copyright and observe the EULA (end-user license agreement) .

It is also important to protect your own personal data or intellectual property such as research data. Keep in mind countermeasures against unauthorized access and computer viruses.

Here is an explanatory material about using computer and intellectual property for staff and students. Read it and use your computer and software properly. (Intranet Access Only)

(English)
What you should know about Copyright and how you can protect your Intellectual Property against the risks involved in Computing and Internet Access
(PDF:291KB)