研究詳細

軽油の酸化脱硫のためのジベンゾチオフェン類の酸化反応系の開発

カテゴリ 環境・化学
研究者 氏名 村田 聡
研究者 職階 教授
研究者 学部名 芸術文化学部
研究者 顔写真
題名 軽油の酸化脱硫のためのジベンゾチオフェン類の酸化反応系の開発
分野 環境技術 軽油の酸化脱硫
キーワード ジベンゾチオフェン,酸素酸化
内容  現在、軽油の超深度脱硫は、高温高圧 (350℃、100 気圧 H2) の条件で水素化脱硫法により行われているが、硫黄分 の規制値が厳しくなっていること、エネルギー多消費型プ ロセスであることなどから代替プロセスの研究開発が行わ れてきた。その一つが酸化脱硫プロセスであり、この方法で は軽油中の硫黄分を酸化してスルホンとし、沸点や極性の 違い、抽出などにより分離する。我々の研究室では温和な条 件下での有機硫黄化合物の酸化反応系の開発を目指して研 究を行っている。
ポイント 1) 温和な条件、例えば室温~100℃程度、1 気圧付近で行   える反応系を開発する。 2) 有機過酸化物のような危険な試薬の使用を避け、酸素分子   や過酸化水素のような比較的安全な酸化剤を使用する。
産学連携の取組、期待 企業との共同研究実績あり 平成 16~17 年度 石油資源開発株式会社「水素の 貯蔵および輸送に関する調査研究」 平成 14~17 年度 三菱マテリアル ( 株 )「新規熱分 解法による石油残油の超クリーン燃料化プロセスの 研究」                   など 特許 硫黄化合物の酸化方法および脱硫油の製造方法 特開 2004-168663 水素化脱硫及び水素化分解のための触媒並びに水素 化脱硫及び水素化分解の方法 特公平 9-220473
研究REPORT
更新日 2019-03-05
PDF表示
一覧に戻る