研究詳細

リチウムイオン電池の正極材料の研究開発

カテゴリ ナノテク・材料
研究者 氏名 橋爪隆
研究者 職階 准教授
研究者 学部名 都市デザイン学部
研究者 顔写真
題名 リチウムイオン電池の正極材料の研究開発
分野 セラミックス材料
キーワード リチウムイオン電池正極材料
内容 リチウムイオン電池(マンガン系、フェライト系)を中心に正極材料の研究開発を行っている。添加元素ならびに割合を調合し、エネルギー密度の向上、プラトー領域の拡大を目指している。リチウムイオン系の全固体電池についても研究を行っている。また、これらの電池に関する高寿命化、リサイクルについても研究を行っている。
ポイント リチウムイオン2次電池の正極材について、特にマンガン系、フェライト系を中心に添加元素の影響や熱処理方法等について研究している。全固体電池についてはも、リチウムイオン系を中心に作成し、充放電特性などを研究している。
本研究では、①原材料の合成から、②電池の組み立て、③充放電特性の検査、④材料の解析など、一連の研究を全て1つの研究室で行っている。
研究の応用・社会実装への期待 この研究シーズは1つの事例である。
セラミックス材料の粉末合成、水溶液合成を研究・開発している。また、セラミックス材料の粉末焼結、単結晶、スパッタを利用した薄膜、水溶液系を用いた薄膜におこなっている。材料機能としては紫外線吸収、光触媒、感湿、熱電、圧電、構造材を取り扱っている。

セラミックス材料の研究に関する結晶構造の解析、成分分析、電気特性、熱特性、拡散などを相談できる。共同研究のみならず、セラミックス材料に関する技術相談などがあったら声をかけてほしい。問題解決に向けて一緒に考えていきたい。
研究REPORT
更新日 2021-04-02
PDF表示
一覧に戻る