研究詳細

均一系遷移金属触媒または有機分子触媒を用いた合成反応の開発

カテゴリ 環境・化学
研究者 氏名 堀野良和
研究者 職階 准教授
研究者 学部名 大学院理工学研究部(工学)
研究者 顔写真
題名 均一系遷移金属触媒または有機分子触媒を用いた合成反応の開発
分野 有機合成化学,有機反応化学
キーワード 有機化学,合成化学,反応探索,反応開発
内容 ■ 均一系遷移金属触媒反応を用いて,新しい有機合成反応の開発を行っています。また,開発した反応を用いて,蛍光発光を示す機能性有機材料の開発も進めています。

■ ラジカル反応を用いた新しい有機合成反応の開発
特に,カルボニル化合物のアリル化反応やプロパルギル化反応を展開しています。

■ ブレンステッド酸触媒を用いたフラン化合物の簡便な合成
ポイント ■ 困難な分子変換反応を解決するための合成技術を開発します。また,既存の合成反応を安価で簡便な技術へ展開することも可能です。

■ 最近,凝集誘起蛍光発光色素の合成に成功しました。現在,青色,赤色,緑色の蛍光発光を示す有機色素の合成を実施しています。
産学連携の取組、期待 ■ 新規な凝集誘起蛍光発光色素の合成に成功しました。現在,青色,赤色,緑色の蛍光発光を示す有機色素の合成を実施しています。これらの有機色素材料を利用した共同研究を期待します。

■ ブレンステッド酸触媒を用いたフラン化合物の簡便な合成法を開発しています。
フランは,天然物の骨格や,医薬品・農薬などの合成中間体として利用される有用な化合物です。これまでは,過剰量のブレンステッド酸や遷移金属触媒を用いて合成されてきましたが,安価なブレンステッド酸を触媒量用いるだけでフラン化合物を合成できる技術を開発しました。

■ 小スケールでの化学物質の受託合成,受託製造,受託研究を通じて,研究開発の課題解決をお手伝いできます。

■ 低温反応,禁水反応,オゾン酸化,不斉合成など様々な有機合成反応の相談に対応可能です。
研究REPORT
更新日 2019-03-11
PDF表示
一覧に戻る