研究詳細

量子暗号の実装安全性

カテゴリ 情報通信
研究者 氏名 玉木 潔
研究者 職階 教授
研究者 学部名 工学部
研究者 顔写真
題名 量子暗号の実装安全性
分野 量子情報
キーワード 暗号、無条件安全性、情報理論的安全性、量子情報、量子鍵配送、量子暗号
内容 量子暗号は、盗聴が原理的に不可能、という最強の強度をもつ暗号である。その安全性の高さから世界各国で量子暗号ネットワークの実用化に向けた試験運用が始まっている。しかし、最強の安全性はあくまで理論的なものであり、その高い安全性を実現するためには量子暗号の安全性理論を更に改良する必要がある。私達は、量子暗号を実装した時の安全性(これを実装安全性と呼ぶ)について理論の面から研究を行っています。
ポイント 量子暗号は、量子力学、量子光学、情報理論、暗号理論の境界分野であり様々な知識が必要である。実装安全性を保証するために、量子暗号装置の不完全性(安全性ループホール)についての深い理解が必要となる。
研究の応用・社会実装への期待 光通信の高い技術を有し、かつ量子暗号についてご興味がある企業様との連携を期待しております。
研究REPORT
更新日 2021-01-22
PDF表示
一覧に戻る