研究詳細

大気環境中におけるバイオエロゾルの動態と影響の解析

カテゴリ 環境・化学
研究者 氏名 田中 大祐
研究者 職階 教授
研究者 学部名 大学院理工学研究部(理学)
研究者 顔写真
題名 大気環境中におけるバイオエロゾルの動態と影響の解析
分野 環境解析評価とその関連分野
キーワード 大気環境,微生物,バイオエアロゾル,モニタリング,生物資源
内容  大気中には,細菌,真菌,原生生物,花粉などの生物粒子(バイオエアロゾル)が存在している。本研究では,分子生物学的手法と培養法で,大気中における細菌や真菌などの微生物群集の動態を解析するとともに,検出した微生物種が生態系,ヒトの健康,農業などへ影響を及ぼす可能性を評価する。さらに,大気環境中の微生物は,太陽紫外線,乾燥,活性酸素種などの環境ストレスに晒されているが,このような微生物の環境適応能力についてはほとんど明らかとなっていないので,それらの把握と応用も目指している。
ポイント  大気環境中における細菌,真菌,あるいは植物等のバイオエロゾルについて,DNA分析を中心に解析を進めている。
・次世代シークエンサーを用いた微生物群集構造解析
 細菌の16S rRNA遺伝子と真核生物の18S rRNA遺伝子を標的として,細菌群集と真核生物群集を解析している。
・リアルタイムPCR法による微生物の定量
 検出特異性に優れたTaqManプローブ法により,全細菌および全真菌を定量している。
産学連携の取組、期待  本研究課題に関連して,いくつかの企業との共同研究や,京都大学,富山県衛生研究所等との連携を進めてきている。本研究では,空気中の細菌,真菌,植物などを幅広く検出・同定する。さらに,これらのバイオエアロゾルが人,農作物,家畜,生態系などへ与える影響の評価などを行っている。

応用分野・活用方法等
・大気環境中におけるバイオエアロゾルの調査
・医薬品工場,食品工場,病院等の環境管理
・既知および未知の病原体やアレルゲンの探索
・大気中微生物からの有用な生物資源の探索

以前に取得した特許
・中村省吾,田中大祐 他 新規微生物およびその利用
 特願2008-183702 特許5339339
・中村省吾,酒徳昭宏,田中大祐 他 藻類,栄養剤,栄養成分補給用組成物及び栄養成分の製造方法
 特願2017-227125
研究REPORT
更新日 2019-03-01
PDF表示
一覧に戻る