研究詳細

ヒューマンセンシングによる 製品評価システムの開発

カテゴリ 情報通信
研究者 氏名 参沢 匡将
研究者 職階 准教授
研究者 学部名 大学院理工学研究部(工学)
研究者 顔写真
題名 ヒューマンセンシングによる 製品評価システムの開発
分野 融合社会脳科学 感性情報 学・ ソフトコンピューティング
キーワード ニューロエコノミク ス・ ニューロマーケティング , 感性情報処理
内容 近年,脳機能計測技術が発展 し,ニューロマーケティングに 関する研究が行われている.こ れまでに,「選好」や「価格」 などの購買意思決定要因に関す る脳機能の解明を行ってきた. これらの研究では,対象の要因 を明確にするために,実験の際 には1要因のみが含まれるように 設計するのが一般的である.し かし,実際の製品評価の際には 複数の要因が含まれることが考 えられる.そこで,本研究では 複数の要因が含まれる場合を想 定した実験を行い ,その可能性を検証することを 目的とする.
ポイント 複数の購買意思決定要因を対象 とする場合,それぞれの購買意 思決定要因と脳活動を関連付け なければならない.そこで,ア イマークレコーダーにより視線 計測を行い,要因ごとに脳活動 を分離する.具体的には,「選 好」(商品画像)と「価格」を 同時に提示し,脳機能計測を行 うとともに視線計測を行うこと で,商品あるいは価格のどちら を見ているのかにより脳活動を 分離し,解析する.実験結果に 基づき,最終的には,脳機能計 測,視線計測などのヒューマン センシングによる製品評価シス テムを開発する.
研究の応用・社会実装への期待 これまでに,下記に示すような脳活動計測を応用した研究助成,特許,産学連携を行っており,とやまITフェア,機電工業会との交流会,テクノトランスファー inかわさき2017などに出展している.今後も積極的に産学連携に取り組んでいきたい. 研究助成 ・A-STEP 探索タイプ「脳情報を用いた商品価格評価システムの開発」 ・富山大学未来技術研究支援ファンド「脳波を用いた動画像圧縮技術に関する基礎研究」 ・富山大学産学連携推進研究者助成「脈波コンピュータインターフェイスの開発」など特許 ・「脳情報から人間の選好を判別する方法及びその装置」,特許第5328030号 ・「投資行動における人間の行動を判別する方法及びその装置」, 特許第5467453号 産学連携 ・大手食品会社に対するニューロマーケティングに関する学術指導
研究REPORT
更新日 2021-01-21
PDF表示
一覧に戻る