しらさぎプロジェクト大学開放特許データベース(単願&発明者検索)

特許詳細
出願番号 特願2016-105622
登録番号
国際特許分類 C07H 21/04 (2006.01), A61K 31/713 (2006.01), A61P 43/00 (2006.01), A61K 48/00 (2006.01), C12N 15/113 (2010.01)
発明名称 アンチジーン法用光応答性人工核酸プローブ
出願人又は権利者 JAIST
研究者 藤本 健造  中村 重孝 
研究分野 医療創薬アグリ・バイオ
用途 医薬
医薬検査・診断
検査・診断
要約 課題 アンチジーン法に好適に使用可能な人工核酸プローブの提供。
要約 解決手段 標的二重鎖核酸を光架橋するための光応答性人工核酸プローブであって、塩基部分が3−ビニルカルバゾール構造である特定の光架橋性人工ヌクレオシドがリン酸ジエステル結合によって塩基配列中に導入され、更に、塩基部分がウラシル構造である特定の人工ヌクレオシドがリン酸ジエステル結合によって塩基配列中に導入された人工核酸からなる、光応答性人工核酸プローブ。
問い合わせ先 JAIST
産学官連携推進センター
0761-51-1070
JAIST産学官連携推進センター