新着情報

『平成30年度 第4回 未来創造対話塾』のご案内

イベント・セミナー情報

『平成30年度 第4回 未来創造対話塾』を開催いたします。

当イベントは、サロン形式による対話型の意見交換・情報交換会です。学内の研究者や企業技術者に、1件あたり30分程度の話題提供をしていただきます。今回は3つのお題を予定しております。ぜひご参加ください。

■開催日:2019年1月24日(木)
■場 所:富山市新産業支援センター 4階研修室 (富山大学五福キャンパス工学部敷地内)

参加費無料、事前申込をお願いします。定員40名です。

 

【第1部 技術交流会】 15:00~16:30
■公益財団法人川崎市産業振興財団 産学連携コーディネーター 島村 太郎 氏
「中小企業との効果的な産学連携のために」
現在広く進められている、企業と大学の連携により大学研究シーズの製品化を目指す『オープンイノベーション型』の産学連携は、中小企業にとって必ずしも参入が容易ではありません。そこで、我々が現在進めている『課題解決・教育型』の産学連携、及び、ものづくり企業の試作技術で大学の研究を支援する『産学連携試作開発促進プロジェクト』についてお話します。

■株式会社小矢部精機 産機事業部 早川 尚志 氏
「自動車車体の軽量化技術と生産設備」
近年、特に環境問題の観点から自動車の省燃費化、電動化が進み、自動車車体には軽くて強いという相反する性能が益々求められています。今回は、一般的な車体に用いられている鋼板の軽量化技術とその生産設備について紹介します。

■富山大学 大学院理工学研究部(工学) 准教授 戸田 英樹
「1400年手作業でやってきた和紙製造工程の省力化について」
伝統和紙の製造工程に欠かせない、「皮はぎ、こうぞたくり」を担う作業者の高齢化や、人手不足により、五箇山和紙原料の生産が危機に瀕している。長年の経験に依拠した手技の伝承が困難となっており、五箇山、八尾和紙の存続が危ぶまれている。五箇山・八尾和紙組合からの要望に対応し、主要生産プロセスの機械化・効率化を図るために新規こうぞ木自動加工処理機構を開発した。

 

【第2部 情報交換会】 16:30~17:00
ソフトドリンクとお菓子にて簡単な情報交換会を開催します。

チラシPDF

2018.12.4

関連記事

『平成30年度 第1回 未来創造対話塾』のご案内

平成30年度 第1回 未来創造対話塾のご案内 (自由参加、参加無料、事前登録だけお願いします) 好評を頂いております未来創造対話塾のご[...]

記事を読む

『ビジネスアイデアコンテスト』アイデア募集【9月14日締切】

富山大学と富山市の共催で、地域社会に貢献する新しい事業や新しい人材を育成するため、独創的な事業計画を持つ人を対象に発表の場を提供し、事業化の[...]

記事を読む

『平成30年度 第2回 未来創造対話塾』のご案内

平成30年度 第2回 未来創造対話塾 のご案内 (自由参加、参加無料、事前登録だけお願いします) 当イベントは、サロン形式による対話[...]

記事を読む


記事一覧

イベント・セミナー情報
2018.12.4
イベント・セミナー情報
2018.11.22
イベント・セミナー情報
2018.11.21
イベント・セミナー情報
2018.11.21
イベント・セミナー情報
2018.10.31
イベント・セミナー情報
2018.10.30
イベント・セミナー情報
2018.10.3