新着情報

『テクノトランスファーinかわさき2018』開催の報告

トピックス

メカトロニクス産業をはじめとする高度先端技術や研究開発機能、多分野の企業が数多く集積する川崎市。そこに立地する“かながわサイエンスパーク”にて、2018年7月11日(水)~13日(金)の3日間、先端技術見本市『テクノトランスファーinかわさき2018』が開催されました。
富山大学もブースを設け、工学部・保田俊行准教授が「スワームロボットシステムの適応的挙動生成およびその解析」について発表。川崎市をはじめ近郊企業からも来訪頂き、交流を深めました。
本学は現在、川崎市産業振興財団の「連携大学」というネットワークに参加しており、今後も展示会等への参加を含め、協力関係を構築していきたいと考えております。



2018.7.19

関連記事

『第10回 とやまビジネスプランコンテスト』開催の報告

富山地域における産業の活性化を図り、地域社会に貢献する新しい事業や人材を育成し、新たな起業の促進を図るため、富山大学と富山市が主催となり「第[...]

記事を読む

『未来創造対話塾 Special Edition』開催の報告

2018年10月19日(金)『未来創造対話塾 Special Edition』を開催しました。 スペシャル版の今回は、カフェを会場に、“み[...]

記事を読む

共同研究の深化により三井アウトレットパーク北陸小矢部にアート&デザインコミュニティスペースをオープン

富山大学は、三井アウトレットパーク北陸小矢部内(以下、「MOP北陸小矢部」)に、デザインワークショップやギャラリーを展開するアート&デザイン[...]

記事を読む